溶媒のはたらきに着目した多孔質電極内における金属ナノ粒子作製法

No. 69
重点分野 グリーンイノベーション
所属 エネルギー理工学研究所 助教
研究者名 深見 一弘(フカミ カズヒロ)
Web http://www.iae.kyoto-u.ac.jp/chemical/a-10_j.html

課題概要

ナノ細孔からなる多孔質電極を鋳型として、金属ナノ粒子を電解めっき法により作製する。特に、ナノ細孔内での溶媒(水)が形成する液体構造と反応種である金属イオン、孔壁の相互作用を理論計算により予測することで、細孔内において高い金属イオン濃度が期待される系を設計する。高い金属イオン濃度が実現されることで、より高い精度で金属ナノ粒子の作製が可能のなると期待される。また、本理論計算は広く一般の金属イオンとナノ細孔電極に適応可能であることから、その一般性を検証するために、白金や金、銀などの貴金属のみならず、ニッケル、コバルト、亜鉛などの卑金属ナノ粒子の作製を試みる。