国際連携推進活動

国際連携推進の活動内容

京都大学国際産官学連携ポリシー(H20年2月制定)に基づき、国際交流推進機構との連携の下、以下の活動を行います。

(1)海外大学等の調査
Web、メール等によるオンラインに加え、本学来訪の大学・研究機関とのミーティング、現地訪問等を通じて、海外主要大学の情報を収集・分析します。

(2)グローバルネットワークの構築
欧米を中心とする海外の大学・技術移転機関との連携、国際的ブローカー・サービス(企業ニーズ紹介・仲介サービス)の利用、同窓会組織の活用等により、グローバルで継続的かつ実効的な人的ネットワーク及び情報収集・発信ネットワークを構築します。特に、欧米の主要大学との連携強化を図ります。

(3)海外拠点の設置
日本の在外公的機関、日系企業の在外拠点等の協力を仰ぎつつ、タイムリーな情報収集及び海外企業等との交渉の中核となる海外拠点を設置します。

(4)国際産官学連携の推進
上記ネットワーク及び海外拠点を活用し、またTLO、ブローカー等との連携のもと、国際的企業との間で、技術移転及び国際共同研究を始めとする国際産官学連携を推進します。

(5)活動に関する情報発信
上記の活動を通じて得られる情報・知見・ノウハウを整理し、公開可能な情報はWeb等を通じて情報発信していきます。

fig00.jpg

担当スタッフ

室員 樋口修司 (特任教授)

 

お問い合わせ先
京都大学研究国際部産官学連携課
電話:075-753-5536
メール:email.jpg