【イベント】京大テックフォーラム 『エネルギー材料科学の最先端』を開催します

京都大学産官学連携本部では、ライセンスや共同研究などを通じて研究成果を社会に還元することを目的に、
京大テックフォーラムを開催します。

京大テックフォーラムでは、各回テーマを設定し、
テーマにかかる本学の研究について、研究者が自らが発表します。
今回のテーマは『エネルギー材料科学の最先端』です。

発表の他に、名刺交換、情報交換会も予定しておりますので、
ご興味がある方はぜひお越しください。

テーマ『エネルギー材料科学の最先端』
◇日時:2017年9月20日(水)

◇会場:京都アカデミアフォーラム in丸の内
    新丸ビル10F(東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビルディング10階)

◇定員:先着100名

◇参加費:セミナー聴講 無料
      情報交換会 2,000円 ※会場にて徴収いたします。

◇主催:京都大学
     関西TLO株式会社

◇問合先:京都大学産官学連携本部 本部長室
     担当:大西、河前 Tel 075-753-9720

◇申込先:http://energy.peatix.com

詳細につきましてはこちらをご覧ください。

<プログラム>
13:30 受付開始 13:50 開会挨拶

14:00 深見 一弘(京都大学 大学院 工学研究科 准教授)      『ナノポーラス材料の高効率利用:電気化学反応を例に』
       ナノポーラス材料が有する微細孔内への拡散による化学物質の供給は著しく遅い。
       本講演では電気化学系を例に、ナノポーラス電極への高速物質供給と反応の高効率化、ならびにその応用例について紹介します。

14:40 質疑応答 14:50 名刺交換、休憩

15:00 檜木 達也(京都大学 エネルギー理工学研究所 准教授)   『1600℃級耐水蒸気セラミックス複合材料の開発』
       炭化珪素セラミックス複合材料は、航空機エンジンへの応用が進められています。
       耐熱性と生産性を大幅に向上させた複合材料開発と表面改質技術により1600℃、水蒸気環境下で使用可能な材料開発を行っています。

15:40 質疑応答

15:50 名刺交換、休憩

16:00 佐川 尚(京都大学 大学院 エネルギー科学研究科 教授)  『有機-無機複合ナノ材料の設計と機能デバイスへの応用』
       自己組織化分子材料、金属酸化物や硫化物の微粒子、ロッド、ワイヤー、チューブ等のナノ構造体の作製及びそれらの成膜プロセスと、
       波長変換、発光、光電変換等の機 能を発現するデバイスへの応用について紹介します。

16:40 質疑応答

16:50 名刺交換、休憩

17:00-18:00 ポスター掲示・情報交換会

18:00-18:15 閉会挨拶

                          以上