(3月7日開催) 京都大学テックコネクト[新技術説明会]2018in東京<有機材料化学のイノベーション>を開催します 

 


京都大学テックコネクト(新技術説明会)2018 <有機材料化学のイノベーション>


                                                     京都大学                   
                                                   学術研究支援室(桂地区) 
                                                   大学院工学研究科    
                                                    附属学術研究支援センター


 企業のニーズと京都大学の研究シーズとの出会いを目的として、「京都大学テックコネクト(新技術説明会)2018」を開催いたします。   
今回のテーマは、「有機材料化学のイノベーション」です。9回目の開催となりますが、今回初めて東京で開催いたします。         
 本技術分野にご関心をお持ちの企業の新規事業担当者様、オープンイノベーションを指向したニーズをお持ちの、
研究者様と本学研究者の交流を深めていただける機会となれば幸いです。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。


◇日時  2018年3月7日(水) 13:00~17:00

◇場所  京都アカデミアフォーラム(JR東京駅前)

◇住所  〒100-6590 東京都千代田区丸の内1-5-1  新丸の内ビルディング10階
     http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/kaf/about/access.html
     新丸ビル10F
◇定員  110名

◇参加費 無料

<プログラム>  

13:00~13:10 開会挨拶 
              工学研究科長・工学部長 副理事(桂キャンパス担当)教授 北村隆行

13:10~14:00 特別講演(50分)       
              富士フイルム株式会社 執行役員 R&D統括本部長 柳原直人 
            「機能性材料開発における富士フイルムのイノベーション」

14:00~14:50 基調講演(50分)       
              工学研究科 高分子化学専攻 教授 中條善樹       
            「未来を化学で元気にするハイブリッド材料」

14:50~15:10 交流(名刺交換、休憩)

15:10~15:40 講演①(30分)工学研究科 高分子化学専攻 教授 大北英生        
            「高分子太陽電池の効率向上のための最新技術」 

15:40~16:10 講演②(30分)工学研究科 合成・生物化学専攻 准教授 植村卓史        
            「多孔性金属錯体(MOF)の開発と応用」 

16:10~16:40 講演③(30分)        
              工学研究科 合成・生物化学専攻 助教 田村朋則 
            「細胞内タンパク質の化学修飾と創薬応用」

16:40~17:00 交流(名刺交換)

案内リーフレット「テックコネクト2018案内リーフレット」

◇主催  京都大学 学術研究支援室、大学院工学研究科附属学術研究支援センター、
     産官学連携本部

◇共催  関西ティー・エル・オー株式会社

◇後援  京都府、京都市

◇協賛  日本化学会、応用物理学会、高分子学会、有機合成化学協会


◇ 詳細/申込み
      http://www.rac.t.kyoto-u.ac.jp/ja/news/events/techconnect2018
      締切:2018年2月28日
      ※申込み多数の場合は、定員に達し次第、受付を締め切らせていただくこともございます。

◇ 問合先  京都大学 学術研究支援室(桂地区)
       京都大学大学院工学研究科附属学術研究支援センター
                    【テックコネクト担当】加賀田、大西、宮井
              〒615-8245
        京都市西京区御陵大原1-30 イノベーションプラザ
        電話:   075-383-2849
        E-mail:  090ura@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp