イベント情報

2021/12/23

  • 要申し込み

※ECC-iCAPは、起業家と京都大学テクノロジーのマッチングを目的として京都大学イノベーションキャピタル株式会社が運営するクラブです。過去イベントは京都iCAPのFacebookをチェックしてください。

2022年最初のECC-iCAPイベント開催です。
今回は、スタートアップを博士の活躍の場の一つとして捉え、実際に活躍されている経営者や研究者からプレゼンいただきます。

起業を志す方やベンチャー経営者の方などなど、ぜひご参加ください!
ポスドク研究生・大学院生・学部生も歓迎します。
皆さまのご参加お待ちしています。


▼開催概要▼

日 時 2022年1月28日(金) 18:30~20:30
場 所

ヒューリックホール京都&YouTube Live


※会場およびオンライン(YouTube Live)のハイブリッド実施となります。
どちらかのチケットを選択してください。会場参加は先着100名までです。
オンライン視聴方法は申込み頂いた方に別途Peatix経由のメールでお知らせいたします。
※新型コロナウイルス感染拡大に応じて、オンライン開催のみへと変更する場合がございます。ご了承ください。

対 象 起業家精神を持つ社会人、企業経営者、将来、CEO・COO・CSO・CFO等経営層を目指す個人。ポスドク研究生・大学院生・学部生も歓迎です。
参加費 無料
備 考 主催 京都大学イノベーションキャピタル株式会社
共催 京都府、京都市、一般社団法人京都知恵産業創造の森、京都大学産官学連携本部

▼申し込みについて▼

申し込み方法 下記URLからお申し込みください。
https://ecc-icapevent12.peatix.com/

▼当日スケジュール▼(予定)

(プレゼンテーションの登壇者およびタイトルは変更になる場合がございます。)

時 間 内 容
18:30-18:45 オープニング
18:45-19:30 プレゼンテーション
◆和田 郁人(リードファーマ株式会社 代表取締役社⻑)
「核酸医薬を社会実装するには研究者である自分が最適だった」
◆小森園 亮(京都大学ウイルス・再生医科学研究所 研究員)
「マイナーなウイルスで病気を治す」
◆江﨑 寛季(BFACT株式会社 代表取締役社⻑)
「Ph.D.とスタートアップと私(あなた)」
19:30-20:00 ディスカッション
京都スタートアップエコシステムの取組み、関西圏でのシーズ紹介、登壇者とのパネルディスカッション
20:00-20:30 クロージング

<登壇者ご紹介>

和田 郁人   リードファーマ株式会社 代表取締役社⻑

2008年に青森高等学校を卒業後、2009年大阪大学薬学部薬科学科に入学。2013年に同大学大学院に進学後、核酸医薬品の研究開発に取り組み、2018年に博士号(薬科学)を取得。また、2015年からは国立循環器病研究センター研究所の斯波研究室にて流動研究員としても研究に従事し、博士号取得後も同センターにて核酸医薬の実用化に向けて研究を継続した。2019年8月にリードファーマ株式会社(Liid Pharmaceuticals, Inc.)を斯波部長と共に設立し、代表取締役社長に就任。2020年3月には国立循環器病研究センターを退職し、その後、同社にフルコミットすることでアカデミアシーズの社会実装の加速に尽力。
https://liidpharma.co.jp/

小森園 亮  京都大学ウイルス・再生医科学研究所 研究員

京都大学生命科学研究科博士後期課程単位取得認定退学後、2020年4月より同大学ウイルス・再生医科学研究所にて特定研究員として従事。朝長啓造教授(京都大学ウイルス・再生医科学研究所)が独自に開発したRNAウイルス型ベクター「REVec」を用いた遺伝子治療薬の開発、およびその事業化を担当。2020年4月より京都大学発のベンチャー起業を支援するインキュベーションプログラムの事業化推進責任者を務める。2021年11月より本プロジェクトがJST START事業に採択。複数の製薬企業やアカデミアと共同研究を実施し、従来のウイルスベクター技術では効果が不十分であった疾患の根治を目指している。大学発の新規モダリティを産官学連携で様々な疾患へ提供し、患者ひとりひとりのために創薬します。
専門分野:ウイルス学、遺伝子工学、幹細胞治療学。1993年生まれ、鹿児島県出身。

◆江﨑 寛季   BFACT株式会社 代表取締役社⻑

1990年生まれ、福岡県大川市出身。名古屋大学特任助教を兼業。2020年名古屋大学大学院医学系研究科博士課程を修了し、博士号(医学)を取得する。BFACT株式会社創業者でもある榎本篤氏から「がんを対象とした間質ターゲッティング治療法の研究開発」を振られ、プロトタイプの作製と解析を行い、同社創業にこぎつける。「アンメットメディカルニーズを、どげんかせんといかん」をモットーに事業に勤しむ。
趣味:バスケットボールと総合格闘技の観戦(たまにクラシック音楽の鑑賞)。
https://bfact.jp/


▼お問い合わせ▼

ECC-iCAP事務局
ecc-icap*kyoto-unicap.co.jp(*を@に変えてください。)

Contactお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせください。
お問い合わせの内容によっては、産官学連携本部以外の学内部署・本学関係会社等から
ご回答させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。