トピックス

第五回インキュベーションプログラム公募について

2018/07/30

  • トピック
  • 公募情報
  • 学内向け
  • 学外向け

【概要】

本プログラムは産学共同実用化促進事業(出資事業)の一環として、京都大学における研究成果の事業化を推進することを目的としています。起業家と本学教職員が協力して、事業化に向けた研究開発を実施し、事業戦略・知財戦略を構築・遂行する中でベンチャーキャピタルからの資金調達を目指すプログラムです。

【支援対象】

(1)申請者
下記①及び②の2者による共同申請となります。
①事業化推進責任者(AまたはBのどちらか1名)
A 京都大学における研究成果の事業化を目指す法人の代表取締役
B 京都大学における研究成果を活用したベンチャー企業の設立を目指す個人
②研究開発責任者
京都大学所属の教職員(非常勤教職員を含む。)
(2)対象
下記の要件を全て満たす事業化プロジェクトを対象とします。
■実用化が見込まれる京都大学の研究成果を活用すること。
■法人設立済又は3年以内に法人設立予定でベンチャーキャピタルからの資金調達を目指していること。
■本プログラムで実施する研究開発や事業化活動(申請テーマ)を対象として、ベンチャ ーキャピタル等の投資を受けていないこと。

【申請書】

京都大学インキュベーションプログラム応募要領・申請書(zipファイル)

※必ずこちらからダウンロードしてご使用ください。

【応募期間】

2018年8月1日(水)~2018年9月28日(金)17:00必着
(審査結果通知:2018年12月末頃)

【助成期間】

原則、2019年4月1日(月)~2020年3月31日(火) <但し、開始日は実施計画書承認日に応じて調整することがあります> 最大2 回まで更新可能(1年単位)。
※更新時には、再度審査を経て採択を受ける必要があります。 (特別な理由が認められる場合にはさらに延長することがある。)

【応募方法】

「京都大学インキュベーションプログラム申請書」のエクセルファイル及び下記必要書類をPDFファイルで産官学連携本部出資事業支援部門に電子メールでご提出ください。
なお、提出前に、部局会計担当者に申請書の確認を受けてください。
(提出先は下記参照)
<申請者区分Aの場合>
① 京都大学インキュベーションプログラム申請確認書(署名・押印したもの)
② 会社概要等、法人の概要がわかる書類
(※以下③~⑤は一次審査を通過後に提出が必要となります。申請時は①及び②のみご提出ください。)
③ 履歴事項全部証明書(発行3ヶ月以内のもの)
④ 株主名簿(直近の株主の状況を反映したもの。)
⑤ 確定申告書の写し(税務署へ提出した直近2期分)
(創業2 年未満の法人は直近1 期分・未決算企業は直近の試算表)
<申請者区分Bの場合>
①京都大学インキュベーションプログラム申請確認書
②事業化推進責任者の履歴書及び職務経歴書

【申請書提出先・問合せ先】

京都大学産官学連携本部 出資事業支援部門
Mail:venture-incubation@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

Contactお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせください。
お問い合わせの内容によっては、産官学連携本部以外の学内部署・本学関係会社等から
ご回答させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。