ベンチャー支援

理論と実務経験の融合をはかり、多様な専門分野の融合が必要な起業家教育の領域で効果的な教育を行うために、事業戦略、マーケッティング、ファイナンス、ベンチャーキャピタル、技術マネジメント等の各分野で一流の実務経験・教育経験を有する教員でチームを組成しています。

スタッフ一覧

木谷 哲夫(きたに てつお)
特定教授

東京大学法学部卒、シカゴ大学政治学博士前期課程修了(MA)、ペンシルバニア大学ウォートンスクールMBA。日本興業銀行、メリル・リンチ(NY)、マッキンゼー、アリックス・パートナーズを経て現職。マッキンゼーでは、アソシエートプリンシパルを務め、金融機関・自動車・機械・ハイテク産業での新規事業戦略の立案・オペレーション改善に従事した。研究領域は企業戦略、ベンチャーファイナンス、リーダーシップ論。九州大学大学院客員教授、龍谷大学経済学部客員教授。大阪市特別参与、大阪府特別参与など歴任。著書に「成功はすべてコンセプトから始まる」(ダイヤモンド社)、「独裁力」(ディスカバー21)など。

担当プログラム:起業と事業創造、ベンチャー経営論、技術イノベーション事業化コース

水永 政志(みずなが まさし)
スター・マイカ・ホールディングス株式会社 代表取締役 /  京都大学客員教授

学習院大学非常勤講師。 東京大学卒、三井物産㈱、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営学大学院(MBA)、㈱ボストン・コンサルティング・グループ、ゴールドマン・サックス証券を経て、㈱ピーアイテクノロジー(現いちごグループホールディングス㈱)設立。その後、中古マンションのリノベーション販売を主要業務とするスター・マイカ㈱を創業、代表取締役に就任。著書に「入門ベンチャー・ファイナンス」「ベンチャーファイナンス実践講義」(ダイヤモンド社)など。

担当プログラム:起業と事業創造、ベンチャー経営論

織田 真也 (おだ まさや)
研究員

京都大学卒、パナソニック㈱を経て、スタートアップの世界へ。ハードウエア、リーガルテック、人材系ベンチャーの創業に、創業者・共同創業者として関わる。中でも共同創業したFLOSFIA(創業時の社名はROCA㈱)はミスト式化学気相成長という京都大学電子工学専攻藤田研究室発の技術を活用したマテリアルサイエンスベンチャー。同社は後に日本ベンチャー大賞受賞。シード・アーリー時のCTOとして知的財産戦略の立案および、組織構築 、ベンチャーキャピタルからの資金調達を通じ新材料半導体(酸化ガリウム)のプロトタイピングを実施。国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)平成28年度戦略的省エネルギー技術革新プログラム等、複数のプロジェクトに参画し技術マネジメントの実務を行う。同プロジェクトは後にNEDO最優良事業者賞受賞。その他、コンサルタントとしても3社の第二創業に関わる。人材育成(採用や社員教育)に独自のノウハウを持つ。Intel Global Challenge at UC Berkeley 2010 ファイナリスト。京都大学博士(工学)。

中原 有紀子(なかはら ゆきこ)
研究員

経済学部卒で商社勤務後、土地家屋調査士の資格を取得。大手予備校や専門学校での講師、司法書士・土地家屋調査士事務所で実務経験する。その後、京都大学国際融合創造センターに所属(2003-2007年)。2008年より京都大学産官学連携センター(改組により2010年4月から産官学連携本部)イノベーション・マネジメント・サイエンス寄附研究部門の研究員、2020年4月より現職。
その他:
2012年4月- 京都大学 学際融合教育研究推進センター 学融合フェロー
2013年1月12日-2月3日 米国国務省主催「International Visitor Leadership Program (IVLP)-Innovation, Entrepreneurship, and Global Economy」に参加
担当プロジェクト:
2014年度~2016年度 文部科学省「グローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGE)」
2017年度~         文部科学省「EDGE次世代アントレプレナー育成事業(EDGE-NEXT)」
2021年度            科学技術振興機構「社会還元加速プログラム(SCORE)大学推進型(拠点都市環境整備型)」

古我 知史(こが さとし)
ベンチャーキャピタリスト、京都大学産官学連携フェロー

ウィルキャピタルマネジメント㈱代表取締役、アリストテレスパートナーズ㈱代表取締役、県立広島大学大学院客員教授、龍谷大学客員教授。早大政経卒。シティバンク、マッキンゼーなどを経て、独立系ベンチャーキャピタリストとして累計70社を超える投資と事業育成現場に参画。アニコムホールディングス㈱、㈱フォリフォリJ、㈱卑弥呼、イオンペット㈱、㈱セルム、㈱TOOなどの取締役を現任、歴任。九州大学大学院客員教授、㈳衛星放送協会外部理事、FBNジャパン理事長、大阪府市統合本部特別参与、㈶日本生物科学研究所評議員等も歴任。著書に『着眼の技法』、『もう終わっている会社』(ディスカバー21)、『戦略の断層』(英治出版)、『アリストテレスの言葉』(東洋経済新報社)など。

担当プログラム:技術イノベーション事業化コース

田村 大(たむら ひろし)
株式会社リ・パブリック共同代表、株式会社UNAラボラトリーズ共同代表

東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。日本初のデザイン思考に基づくイノベーション人材育成プログラム・東京大学i.schoolの創設者として知られ、現在は、地域や組織が自律的にイノベーションを起こすための環境及びプロセス設計の研究・実践に軸足を置く。著書に「東大式 世界を変えるイノベーションのつくりかた」(早川書房)など。九州大学、北陸先端科学技術大学院大学で客員教授を兼任する。

担当プログラム:技術イノベーション事業化コース

Contactお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせください。
お問い合わせの内容によっては、産官学連携本部以外の学内部署・本学関係会社等から
ご回答させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。