【お知らせ】シンポ「台頭する東アジアにおけるバイオ・メディカル産業の現状と今後の動向」

平成21年度文部科学省 産官学連携戦略展開事業
「台頭する東アジアにおけるバイオ・メディカル産業の最新動向」の開催について

平成21年度文部科学省の産学官連携戦略展開事業の一環として、京都大学産官学連携センターにBio Incubation Partners(以下、BIP)が創設されました。BIPの使命は、バイオ・メディカル分野における研究シーズを個々に解析し、事業化のアウトラインを立案し、大学発ベンチャーの育成・支援をすることにあります。
この度、BIPの創立記念として、発展の著しい東アジアに注目し、同地域で台頭するバイオ・メディカル産業における産官学連携やベンチャー振興策について、各国の学識・実務経験者からご講演を頂く機会を設けました。
シンポジウムを通して、「日本の大学発ベンチャー・大学発の技術をいかにアジアで活用し連携していくべきか」、ご出席の皆様とご一緒に考察できたら幸いと存じます。
→詳しくは、ポスターを参照ください。

1. タイトル:
「台頭する東アジアにおけるバイオ・メディカル産業の現状と今後の動向」
-バイオ・メディカル分野における東アジア諸国との産官学連携の可能性を探る-

2.日時:平成22年3月11日(木) 午前10時~午後4時 (4時半より懇親会)
(受付:09:30より、昼休12:00-13:00)

3.場所:京都大学医学部 芝蘭会館 稲盛ホール
京都市左京区吉田近衛町京都大学医学部構内
(アクセスのご案内:http://www.med.kyoto-u.ac.jp/siran/kotsu.htm)

4.主催:京都大学産官学連携本部・産官学連携センター
共催:社団法人 芝蘭会 産学情報交流部
京都大学「医学領域」産学連携推進機構

5. 参加費:無料 (但し、懇親会は有料3,000円)

6. 講演内容:
1) 挨拶 10:00~10:20
京都大学理事(産官学連携担当)塩田 浩平
文部科学省研究振興局研究環境・産業連携課技術移転室

室長代理 渡辺 栄二

2) 講演【※日本語への同時通訳あり
10:20 ~ 11:10
(1)「重要性を増す日本のバイオ・メディカル産業と東アジアとの連携(仮題)」
講師:日経BP社 医療局 主任編集委員 宮田 満
11:10 ~ 12:00
(2)「中国におけるバイオ・メディカル産業の最新動向とハイテクパークの役割」
講師:北京生物技術新医薬産業促進センター 副研究員  潘 悦(Pan Yue)

13:20 ~ 14:10
(3)「京都大学探索医療センターの活動状況」
講師:京都大学 医学部附属病院探索医療センター 開発部長 清水 章
14:10 ~ 15:00
(4)「グローバル展開を軸にした台湾のバイオ・メディカル産業とベンチャー創出」
講師:工業技術研究院 生物医学研究所 副所長 王 玲美 (Ling-Mei Wang)
15:00 ~ 15:50
(5)「バイオ・メディカルにおける国家研究支援策
~産官学連携をベースにした バイオベンチャーの育成~」
講師:理研シンガポール連絡事務所 事務所長 柿原 健一郎

3) 閉会挨拶 15:50 ~ 16:00
京都大学 産官学連携本部長・副理事 牧野 圭祐

7. 懇親会 16:30 ~(京都大学芝蘭会 山内ホール)
挨拶:京都大学 総長 松本 紘

8. 参加お申込先(お問い合わせ先):
お手数ですが、開催日までに「ご所属、ご氏名、懇親会の出欠」を下記担当まで
メール等でお知らせください。
Bio Incubation Partners (担当:村上) 
y-murakami※icc.kyoto-u.ac.jp  ※→@に置き換えてください。
電話:075-585-7201, FAX:075-585-7200