【お知らせ】シンポ「岐路に立つ産官学連携-新たな方向性の模索-」

産官学連携シンポジウム
「岐路に立つ産官学連携-新たな方向性の模索-」の開催について

3月17日午後2時より京都大学芝蘭会館(本館2階)稲盛ホールにて上記シンポジウムを開催します。

今回のシンポジウムは“岐路に立つ産官学連携-新たな方向性の模索-”をテーマに近年新たな取り組みを実施している大学及びTLO、さらに地方からの意見として京都市にご参加いただきます。

また、特別ゲストとしてドイツ・ハイデルベルク市長 エッカート・ヴュルツナー博士に「ドイツにおける産学連携の現状と政府の支援」(英語による講演:通訳なし)をご講演いただきます。

1. 目的:
リーマンショック以降、我が国経済は依然低迷した状況が続き、日本企業の研究開発投資は今後減少することが見込まれている。こうした中で“いかに産学連携活動を充実させ、我が国のイノベーション創生に貢献するか”は今後の大きな大学の命題である。我が国の産官学連携はいまだやっと準備段階を終えようとしているところである。このような現状を打破し新しい産官学連携の方向性を展望するために、本シンポジウムでは産学連携活動の活性化に向けて新たな取り組みを実施している大学を紹介するとともに、今後の方策等について提言することを目的とする。

2.日時・場所

日時:平成22年3月17日(水) 14:00 ~ 17:00

場所:京都大学 芝蘭会館(本館2階) 稲盛ホール
京都市左京区吉田近衛町京都大学医学部構内
(アクセスのご案内:http://www.med.kyoto-u.ac.jp/siran/kotsu.htm)

3. プログラム (司会 : 産官学連携センター 教授 岡倉 伸治)

14:00 ~ 14:05 主催者開会挨拶 京都大学総長 松本 紘
【基調講演】
14:05 ~ 14:25
株式会社東京大学TLO 代表取締役社長 山本 貴史
「東京大学TLOの活動状況と大学知財の取扱い」

14:25 ~ 14:45
東京工業大学 産学連携推進本部 特任教授 高橋 秀実
「東京工業大学における国際的産学官連携の取り組み」

14:45 ~ 15:05
大阪大学 産学連携教授(知財部副部長) 藤澤 幸夫
「共同研究講座の設置と今後の展開」

15:05 ~ 15:35
ハイデルベルク市長 エッカート・ヴュルツナー
「ドイツにおける産学連携の現状と政府の支援」【英語による講演】

15:35 ~ 15:55
京都大学 産官学連携本部 本部長 牧野 圭祐
「産官学連携活動の国際戦略」

【パネルディスカッション】
16:00 ~ 16:55
コーディネーター :京都大学産官学連携センター長 年光昭夫
パネラー
株式会社東京大学TLO 代表取締役社長 山本 貴史
東京工業大学 産学連携推進本部 特任教授 高橋 秀実
大阪大学 産学連携教授(知財部副部長) 藤澤 幸夫
京都大学 産官学連携本部 副本部長 井上 國世
京都市 産業観光局産業振興室 室長 江川 博

16:55~ 17:00 主催者閉会挨拶 京都大学理事(産官学連携担当) 塩田 浩平
4. 参加お申込先(お問い合わせ先):
参加ご希望の方は、お手数ですが、3月10日(水)までに「参加希望」と明記の上、氏名、所属機関・部署(京都大学教職員の場合は所属部局・担当等)、連絡先(メールアドレスまたは電話番号)」を記載して、E-Mail : sympo※icc.kyoto-u.ac.jp(※→@に置き換えてください。)までお申し込みください。

※ 参加費 : 無料

産官学連携事業に携わっている方々や産官学連携に関心のある方は奮ってご参加ください。

平 成 2 2 年 2 月 1 2 日

京都大学産官学連携センター