定員に達しました(2018年1月19日開催)【京都大学・mixi共催】「第3回デジタルヘルスシンポジウム」開催のご案内

員に達したため参加登録は締め切りました。ありがとうございました。

初冬の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 京都大学ではmixiグループと共催にて
『第3回デジタルヘルスシンポジウム:PHRと情報銀行の今後の展望』を下記日程にて開催いたします。

ご関心のある方々のご参加を心よりお待ちしております。

★日 時:平成30年1月19日(金)13:00 ~18:30

★場 所:京都大学吉田キャンパス 国際科学イノベーション棟5階シンポジウムホール

★参加費:無料

★定員:先着240名様

★参加申込みは下記サイトからお願いします。

https://goo.gl/ahybuo

★詳細は添付ファイルをご覧ください。
プログラム
  登壇順序の変更がありえますことご了承ください。
12:30~開場

13:00-13:05 開会挨拶:上本伸二(京都大学医学研究科長 教授)

13:05-13:30 趣旨説明:黒田知宏(京都大学医学情報企画部 教授)
      「情報銀行がやってくる、PHRはどう繋がるのだろう?」

13:30-14:00 陳 和夫(京都大学大学院医学研究科呼吸管理睡眠制御学講座 特定教授) 
      「在宅呼吸管理と遠隔医療ー睡眠時無呼吸に対するCPAP治療を中心にー」           

14:00-14:30 池田昭夫(京都大学医学研究科てんかん・運動異常生理学講座 特定教授)
      「デジタル脳波の遠隔判読診断の現状」 

14:30-14:40  休憩

14:40-15:20  江崎禎英(経済産業省 商務・サービス政策統括調整官(兼)内閣官房 健康・医療戦略室  次長)
      「健康・医療情報を活用した予防政策の実現 ー医療分野における人工知能の役割ー」

15:20-15:50 株式会社ミクシィ代表取締役社長 森田仁基
       株式会社スマートヘルス代表取締役 荻野泰弘
      「コミュニケーションとフリーミアムで切り拓くパーソナルヘルスレコード」

15:50-16:00  休憩

16:00-16:30  野間春生(立命館大学情報理工学部 教授)
            「運動誘導のためのICTの活用 ”みんなで一緒にながはま健康ウォーク ”」

16:30-17:00 脇 嘉代(東京大学大学院医学系研究科健康空間情報学講座 特任准教授)
            「ICTを用いた自己管理支援」

17:00-17:10  休憩

17:10-17:50 パネルディスカッション

17:50-18:00  閉会挨拶:足立 壯一(京都大学医学研究科人間健康科学系専攻長 教授)

18:00-18:30  懇親会(名刺交換会)

<お問い合わせ先>

 京都大学産官学連携本部 liaison@saci.kyoto-u.ac.jp
                          TEL 075-753-5295