トピックス

【イベント】国際特許流通セミナー及び特許ビジネス市 in 東京

2008/01/15

  • お知らせ
  • イベント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □2008年1月28日-29日「工業所有権情報・研修館 国際特許流通セミナー」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  特許庁所管の独立行政法人工業所有権情報・研修館は、知的財産権取引の環境整備と知的財産マネジメントを行う人材の育成支援を目的とする「国際特許流通セミナー2008」を開催する。  特別講演として米国大学技術管理者協会のPatrick L. Jones会長が「Technology Transfer Achieving Balance in New Ways, Old Ways and Always」、国際ライセンス協会の福田親男会長が「特許流通とライセンス」を講演するほか、17件のパネルディスカッションが行われる。参加費は無料(事前登録制)。 主催:独立行政法人工業所有権情報・研修館 会場:ホテル日航東京(東京都港区台場1-9-1) WEB :http://www.ryutu.inpit.go.jp/seminar_a/2008index.html 同時開催イベント情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □1月28日「国際特許流通セミナー2008特別セッション」を開催 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  工業所有権情報・研修館(INPIT)は、2008年1月28日にホテル日航東京(東京都港区台場1-9-1)で開催する「国際特許流通セミナー2008」において特別セッション「特許流通促進事業の10年と今後」を行う。  このセッションでは特許流通促進事業によるライセンス契約等の成約1万件を機に、本事業の10年を振り返ると共に、特許流通の将来と本事業のこれからの在り方について、関係者にパネルディスカッション形式で率直な意見交換を頂く。 また、会場からも本事業の将来についてご意見を頂き、本事業の周知を図ると共にニーズ把握に努めることを目的としている。参加費は無料。  モデレータ 独立行政法人工業所有権情報・研修館理事長 清水 勇   パネリスト 慶應義塾大学知的資産センター所長  羽鳥 賢一  富士通株式会社法務・知的財産権本部プロジェクト統括部長 高橋 光一  株式会社千田精密工業 代表取締役 千田 伏二夫   ●詳細は、工業所有権情報・研修館(INPIT)のWEBを参照。   http://www.ryutu.inpit.go.jp/seminar_a/2008index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □1月29日「特許ビジネス市 in 東京(食品・バイオ・化学・薬品)」を開催 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  工業所有権情報・研修館(INPIT)は、2008年1月29日に「平成19年度第3回特許ビジネス市」をホテル日航東京(東京都港区台場1-9-1)で開催する。特許技術などのシーズを保有する企業などが、特許技術の内容や事業化計画を説明し、参加者から当該技術のライセンスや共同研究、事業資金の支援などの申し出を募る。 参加費は無料。  発表案件は以下の8件。 (1)「生分解性シートおよびその製造方法並びに当該シートを用いた成型品およびその製造方法」(橋本健二氏)、 (2)「生分解速度が制御された生分解性樹脂」(宮城県)、 (3)「耐衝撃性に優れた熱可塑性プラスチック複合材の製造方法」(愛知県)、 (4)「細胞資源を用いない自己組織化技術による再生医療用バイオマテリアルの実用化開発」(聖マリアンナ医科大学)、 (5)「新種ツツジの育成技術」(鹿児島TLO)、 (6)「アンモニア態窒素を窒素ガスに変換する新しい生物的方法」(東京工業大学)、 (7)「カロテノイド色素の製造方法」(東北大学、宮城県) (8) 「紫外線遮蔽剤や赤外線遮蔽剤を含有した塗膜を形成する塗装方法」(フミン)。 ●詳細は、工業所有権情報・研修館(INPIT)のWEBを参照。  http://www.ryutu.inpit.go.jp/business/index.html

Contactお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせください。
お問い合わせの内容によっては、産官学連携本部以外の学内部署・本学関係会社等から
ご回答させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。