トピックス

「活力ある生涯のためのLast 5Xイノベーション拠点」第2回シンポジウムを開催しました。

2015/01/14

  • お知らせ
kcoi20141224 2014年12月24日(水)、京都大学百周年時計台記念館百周年記念ホールにて、文部科学省と独立行政法人科学技術振興機構により採択されたCOI STREAM『活力ある生涯のためのLast 5Xイノベーション』拠点の今年度の活動報告の場として、第2回シンポジウム(主催:京都大学COI拠点研究推進機構)を開催しました。 京都大学COI拠点:活力ある生涯のためのLast 5Xイノベーション拠点 【第2回シンポジウム】 http://www.coi.kyoto-u.ac.jp/event20141224 当日は150名を越える学内外の方々にご参加頂きました。また、シンポジウム後の技術交流会にも90名を越える方々にご参加頂き、活発な交流会が行われました。 当拠点のプロジェクトリーダー野村剛(パナソニック株式会社 常務取締役)の開会挨拶に始まり、COI STREAMビジョン1ビジョナリーリーダー松田譲(加藤バイオサイエンス振興財団理事長)、坂本修一 文部科学省 産業連携・地域支援課長、谷 明人経済産業省大臣官房審議官、鈴木一弥 京都府商工労働観光部特区推進監、北村康二 京都市産業観光局新産業振興室長より来賓挨拶を賜わりました。 続いて京都大学再生医科学研究所 所長 岩田博夫教授より、「工学段階の開発を迎えた再生医療~しなやかほっこり社会の実現に向けて~」と題して基調講演が行われました。 その後拠点内の各グループ毎の活動や研究開発についての講演が行われました。 技術交流会では、拠点内の30ある研究テーマ毎に展示パネルを作成し、ポスターセッションを行いました。 ご来場いただいた皆様、講演者の皆様、ご協力頂きました皆様、ありがとうございました。 心より御礼申し上げます。
開会挨拶:野村剛プロジェクトリーダー

開会挨拶:野村剛プロジェクトリーダー

来賓ご挨拶:松田譲 COI STREAMビジョン1 ビジョナリーリーダー

来賓ご挨拶:松田譲 COI STREAMビジョン1 ビジョナリーリーダー

シンポジウムの様子

シンポジウムの様子

来賓ご挨拶:坂本修一 文部科学省 産業連携・地域支援課長

来賓ご挨拶:坂本修一 文部科学省 産業連携・地域支援課長

来賓ご挨拶:谷 明人 経済産業省大臣官房審議官

来賓ご挨拶:谷 明人 経済産業省大臣官房審議官

来賓ご挨拶:鈴木一弥 京都府商工労働観光部特区推進監

来賓ご挨拶:鈴木一弥 京都府商工労働観光部特区推進監

来賓ご挨拶:北村康二 京都市産業観光局新産業振興室長

来賓ご挨拶:北村康二 京都市産業観光局新産業振興室長

基調講演:京都大学再生医科学研究所 所長 岩田博夫教授 「工学段階の開発を迎えた再生医療~しなやかほっこり社会の実現に向けて~」

基調講演:京都大学再生医科学研究所 所長 岩田博夫教授
「工学段階の開発を迎えた再生医療~しなやかほっこり社会の実現に向けて~」

グループ1:京都大学大学院 工学研究科 平尾一之教授 「リサイクル固体水素源による医療用燃料電池材料」

グループ1:京都大学大学院 工学研究科 平尾一之教授 「リサイクル固体水素源による医療用燃料電池材料」

グループ2:京都大学大学院 情報学研究科 阪本卓也助教「超広帯域レーダーによる遠隔バイタルモニタ技術」

グループ2:京都大学大学院 情報学研究科 阪本卓也助教「超広帯域レーダーによる遠隔バイタルモニタ技術」

グループ2:京都工芸繊維大学大学院 工芸科学研究科 森本一成教授「自発光式点字ブロックを用いたロービジョン者の安心夜間歩行支援」

グループ2:京都工芸繊維大学大学院 工芸科学研究科 森本一成教授「自発光式点字ブロックを用いたロービジョン者の安心夜間歩行支援」

グループ3:京都大学大学院 医学研究科附属ゲノム医学センター 松田文彦教授「ITクラウド基盤を活用したしなやかな未来型健康増進プログラム」

グループ3:京都大学大学院 医学研究科附属ゲノム医学センター 松田文彦教授「ITクラウド基盤を活用したしなやかな未来型健康増進プログラム」

グループ4:京都大学大学院 情報学研究科 中尾 恵准教授「三次元画像に基づく手術プロセスの半自動計画と時系列分析」

グループ4:京都大学大学院 情報学研究科 中尾 恵准教授「三次元画像に基づく手術プロセスの半自動計画と時系列分析」

グループ4:パナソニック株式会社 モノづくり本部 山内敏明チームリーダー「ロボット技術を駆使した創薬サポートシステムの研究開発」

グループ4:パナソニック株式会社 モノづくり本部 山内敏明チームリーダー「ロボット技術を駆使した創薬サポートシステムの研究開発」

Contactお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせください。
お問い合わせの内容によっては、産官学連携本部以外の学内部署・本学関係会社等から
ご回答させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。