トピックス

京都大学発ベンチャー創生のための150億円のファンド出資について

2015/12/09

  • お知らせ
京都大学は、京都大学イノベーションキャピタル株式会社(以下、「京大iCap」)を無限責任組合員とするベンチャーファンドへ150億円を出資することを決定しました。 京大iCapは京都大学が100%出資し設立したベンチャーキャピタルで、平成27年10月6日、文部科学省・経済産業省により同社の特定研究成果活用支援事業計画が認定され、また11月25日、本学が文部科学省による国立大学法人等が行う出資の認可を得たこと受け、平成28年1月に投資業務を開始する予定です。
ファンドの名称 イノベーション京都2016投資事業有限責任組合
無限責任組合員 京都大学イノベーションキャピタル株式会社
存続期間 設立の翌日から15年間 出資コミットメント総額 150億円以上
ファンドスキーム 京都大学方式                         民間ベンチャーキャピタルの一般的なファンド運用期間が10年間であるのに対し、「イノベーション京都2016投資事業有限責任組合」の運用期間は15年です。基礎研究に厚みのある京都大学の研究成果は、実用化までに長い時間を要するものも多く、15年間のファンド運用によりイノベーションとなり得る基盤技術の育成を目指すためです。 また京都大学では、公募により選定された民間の運用事業者が本学に関連するベンチャー企業の育成を目的に設立するファンドを「京大認定ファンド」として位置づけ、大学で生まれた研究成果等を積極的に社会に還元する取り組みをおこなっています。 京大iCapは公的資金を、京大認定ファンドは民間資金を、それぞれ運用し、京都大学を中心として京大iCap、京大認定ファンドが協調・補完して京大発ベンチャーを育成するエコシステムを目指します。   151208_picture_fundscheme_72   ファンドの投資対象                         京大iCapは、投資対象を以下のように定め、業種を限定せず幅広い学問分野の「京都大学の知」に対し、投資を行う予定です。
  • 京都大学の研究者による研究成果等の事業化を目指す(未上場)企業
  • これから新設する企業(起業前の資金支援は不可)、既に設立済の企業、共同研究企業からのスピンオフ企業
  • 支援決定を行ってから5年~10年程度で事業化が見込まれ、且つファンドの存続期間内にM&A・IPO等により京都iCapが保有する株式等を売却することで資金を回収できる蓋然性が高い企業
  京都大学では今後、産官学連携本部を中心に、京大iCapや学内外機関との連携を深め、本学の世界最高水準の独創的な研究開発を支援し、その成果を新産業の創生や社会的価値の創出につなげる取り組みを行っていきます。     報道発表資料                         【資料1】平成27年12月9日報道発表用資料(PowerPoint)

Contactお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせください。
お問い合わせの内容によっては、産官学連携本部以外の学内部署・本学関係会社等から
ご回答させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。