トピックス

Nanocellulose Symposium 2016/第310回 生存圏シンポジウムのご案内(2016年3月22日)

2016/01/28

  • お知らせ
Nanocellulose Symposium 2016/第310生存圏シンポジウム 「構造用セルロースナノファイバー材料の社会実装に向けて」 今回のシンポジウムでは、経済産業省 紙業服飾品課長 渡邉政嘉氏から、日本のナノセルロース戦略について特別講演をいただきます。続いて、多くのかたが関心を寄せているセルロースナノファイバー(CNF)材料の社会実装に向けた最近技術、取組みを紹介します。その中で、京都大学を集中研とするNEDO事業では、パルプのナノファイバー化と樹脂中への均一分散を同時達成する、実用的CNF複合材料製造プロセス “京都プロセス”について発表いたします。 今年は、近畿経済産業局 部素材産業-CNF研究会との連携により、CNF原料観察や試作結果の発表も行うとともに、約40機関がブース出展いたします。ブース出展会場は別室に設け、例年以上に充実した展示に努める所存です。多くの皆様のご来聴をお待ちしています。 ■日時:2016年3月22日(火) 12時20分~18時00分(受付11時30分~) ■会場:京都テルサ テルサホール (京都市南区東九条下殿田町70番地 京都府民総合交流プラザ内) ■アクセス:JR京都駅 八条口より徒歩など <公共交通機関をご利用ください。> http://www.kyoto-terrsa.or.jp/access.html ■申込方法:下記Webからお申込みください。 http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/labm/ncsympo2016 ■定 員:500名 先着順・定員になり次第締め切ります。 ■対 象:どなたでも参加できますが、専門的な内容です。 ■参加費:無料   【プログラム】 (11:30-12:05 ポスターおよび試作品展示はご覧いただけます)
12:20-12:30 開会挨拶
12:30-13:10  1.特別講演 「日本のナノセルロース戦略」  経済産業省 紙業服飾品課 渡邉政嘉氏
13:10-14:30  2.「高機能リグノセルロースナノファイバーの一貫製造プロセスと部材化技術開発」成果発表
 ~NEDO非可食性植物由来化学品製造プロセス技術開発事業~
 1)『京都プロセス』の概要  京都大学 生存圏研究所 矢野浩之氏
 2)『京都プロセス』による様々なCNF強化樹脂の製造  京都市産業技術研究所 仙波健氏
 3)マスターバッチ法によるPP樹脂の補強  星光PMC(株) 片岡弘匡氏
 4)CNF強化ナイロン樹脂の発泡成形  京都市産業技術研究所 伊藤彰浩氏
14:30-16:00  ポスターおよび試作品展示
16:00-17:00 3.「工学との連携による農林水産物由来の物質を用いた高機能性素材等の開発」成果発表
~農研機構・革新的技術創造促進事業「異分野融合共同研究」~
1)「CNFエラストマーナノ複合材料の実用化開発」  信州大学 カーボン科学研究所 野口徹氏
2)「物理処理と酵素処理を併用した木質材料由来ナノファイバーの食品等への応用」 農林水産省 森林総合研究所 林徳子氏
3)「消化管におけるナノセルロースの生理機能」  京都大学 大学院農学研究科 谷史人氏
4)「樹脂強化用のCNFマスターバッチの開発」  DIC(株)原田友昭氏
17:00-18:00 4.部素材産業-CNF研究会「複数CNF原料の観察・シート化試作結果発表」
~「CNFに係る公設試研究者向けの勉強会」で実施した複数CNF原料の実習成果を発表~
1)全体総括  京都市産業技術研究所 部素材研究会-CNF研究会 北川和男氏
2)参加公設試における成果報告及びCNF実用化開発の紹介
「CNFの形態観察および凍結乾燥時における分散溶媒の影響について」  滋賀県東北部工業技術センター 脇坂博之氏
「セルロースナノファイバーのキャスト成形について」  香川県産業技術センター 宇高英二氏
「燃料電池用電解質膜への応用展開について」  青森県産業技術センター 葛西裕氏
「セルロースナノファイバーのゴム用補強剤への応用」  兵庫県立工業技術センター 長谷朝博氏
18:00 閉会挨拶
18:15  閉場
◆同時開催 ポスターおよび試作品展示 展示時間帯:11:30-12:05、14:30-16:00 展示予定者(順不同): 第一工業製薬、大王製紙、中越パルプ工業、トクラス、ユニチカ、大阪ガス、凸版印刷、旭化成せんい、DIC、増幸産業、モリマシナリー、神栄化工、服部商店、三和化工、スターライト工業、岡山県、あいち産業科学技術総合センター、兵庫県立工業技術センター、滋賀県東北部工業技術センター、青森県産業技術センター、京都市産業技術研究所、産業技術総合研究所、森林総合研究所、東京家政大学家政学部、東京大学農学生命科学研究科、大阪大学産業科学研究所、鳥取大学工学部、徳島大学大学院・ソシオテクノサイエンス研究部、九州大学農学研究院、京都大学化学研究所、京都大学生存圏研究所、他 ◆セルロースナノファイバー(ナノセルロース材料)について 詳しくお知りになりたい方は、下記ページをご覧ください。 http://vm.rish.kyoto-u.ac.jp/W/LABM/cnf   主催:京都大学 生存圏研究所、ナノセルロースフォーラム 共催:近畿経済産業局及び地方独立行政法人京都市産業技術研究所(部素材産業-CNF研究会) 後援(予定含):紙パルプ技術協会、(公社)高分子学会、(公社)日本材料学会、セルロース学会、(一社)日本木材学会、(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構、京都大学 産官学連携本部  

Contactお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせください。
お問い合わせの内容によっては、産官学連携本部以外の学内部署・本学関係会社等から
ご回答させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。