トピックス

【報告】安全保障貿易管理研修会(2009年12月17日)

2010/01/29

  • お知らせ
京都大学安全保障貿易管理研修会を開催しました。(2009年12月17日) 産官学連携本部・産官学連携センターは、本学医学部芝蘭会館稲盛ホールにおいて、安全保障貿易管理研修会を開催しました。本研修会は文部科学省委託事業「産官学連携戦略展開プログラム(戦略展開プログラム)」において、平成21年度事業の一環として実施したものです。 研修会の開催に先立ち、塩田浩平理事(産官学連携担当)及び文部科学省研究振興局研究環境・産業連携課技術移転推進室長代理 渡辺栄二氏よりご挨拶をいただきました。 研修会第一部では、経済産業省貿易経済協力局貿易管理部安全保障貿易検査官室長 牧野守邦氏より大学における安全保障貿易に係る自主管理の促進についてご講演いただき、続いて年光昭夫 産官学連携センター長より本学の取り組みについての講演を行いました。 その後、実際の相談事例を想定したロールプレイングを交えたケーススタディを挟み、経済産業省の牧野室長、安全保障貿易センターの中尾寛氏を檀上に迎えて、年光センター長進行によりフォローアップ・ディスカッションが行われました。 第二部では、ニューヨーク州弁護士であるロバート・ノートン客員教授より米国との共同研究におけるリスク管理について説明を行い、最後に牧野圭祐 産官学連携本部長から教職員に安全保障貿易管理への留意を呼びかける挨拶をもって閉会しました。 研修会には学内外から約150名の教職員に参加いただき、安全保障貿易管理についてのパンフレットが配布されて好評を得たほか、フォローアップ・ディスカッションでは会場との意見交換も交えた活発な議論が行われるなど、大変有意義な研修会となりました。 詳細については、次の資料をご参照ください。 → 安全保障貿易管理研修会 パンフレット(※ PDFファイル 約1MB)

Contactお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせください。
お問い合わせの内容によっては、産官学連携本部以外の学内部署・本学関係会社等から
ご回答させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。