トピックス

【報告】Kyoto – Oxford University Collaboration Forum(2月5日)

2010/02/16

  • お知らせ

【報告】Kyoto – Oxford University Collaboration Forum(2月5日)

 

 産官学連携本部・産官学連携センターは、文部科学省「産官学連携戦略展開事業(戦略展開プログラム):国際的産官学連携推進活動」の一環として、英国・オックスフォード大学においてKyoto – Oxford University Collaboration Forumを開催しました。

 

 本フォーラムは、本学とオックスフォード大学との学学連携から産学連携への発展につなげることを目的に、平成20年10月に京都大学 松本総長がオックスフォード大学Dr. John Hood前学長との間で申し合わされた協力関係の活発化のための活動の一つとして実施されたもので、オックスフォード大学Dr. Andy Hamilton 学長、Prof Ian A Walmsley 研究担当副学長、Dr. Heather Bell 国際戦略部長、京都大学 塩田浩平理事、牧野圭祐 産官学連携本部長の出席のもと、午前の部(Chemical Biology セッション)と午後の部 (Medical Biology セッション)の2部制で実施しました。Hamilton 学長及び塩田理事の挨拶に引き続き、午前の部はオックスフォード大学から3名(Hamilton 学長含む)・本学から4名、午後の部は両大学から各3名の研究者が最新の研究状況について発表(プログラムは下記参照)し、数グループについて共同研究の可能性が見出されました。

 

 また、フォーラムのまとめとして行われたミーティングでは、両大学の連携のあり方について意見交換が行われ、今後、近い将来に訪れると予想されるグローバルな産学連携に対応するためにも両大学間の連携強化は有意義なものであることが確認されました。

 

プログラム: ____________________________________________________________________________ 10.00am – 10.10am Opening Remarks, and Introduction to Kyoto/Oxford Universities by the Vice-President of Kyoto and the Vice-Chancellor of Oxford ____________________________________________________________________________ 10.10am – 12.30pm : Chemical Biology session Chair: Andy Hamilton 10.10-10.30 ・Itaru Hamachi 「Organic chemistry and engineering for endogenous proteins in test tube and in cell」 10.30-10.50 ・Ben Davis 「Sugars and proteins」 10.50-11.10 ・Takashi Morii 「Chemical approaches untangling dynamics of cellular signaling molecules」 11.10-11.30 ・Motonari Uesugi 「Small molecule tools for cell biology and cell therapy」 11.30-12.00 ・Andrew Turberfield 「DNA nanostructures and molecular motors」 12.00-12.20 ・Hiroshi Sugiyama 「Chemical biology that controls DNA structures and function」 12.20-12.30 Closing discussion on collaboration possibilities ____________________________________________________________________________ 12.30pm – 2.00pm Sandwich lunch in Biochemistry cafeteria (next to Reception) ____________________________________________________________________________ 2.00pm – 4.30pm : Medical Biology session Chair: Akira Shimizu 2.00-2.45 ・Adrian Harris 「Biomarker research in breast cancer」 ・Masakazu Toi 「Research on breast cancer development in Japan」 2.45-3.30 ・Fumihiko Matsuda 「Genomic epidemiology using prospective cohort studies」 ・Rory Collins 「Prospective studies on the determinants of disease: size matters」 3.30-4.15 ・Philip Maini 「Mathematical biology: practical implications of mathematical modeling in biomedicine」 ・Takashi Miura 「An example of an interdisciplinary collaboration: limb pattern formation」 4.15-4.30 Closing discussion on collaboration possibilities ____________________________________________________________________________ 4.30pm – 5.00pm Closing Discussion ____________________________________________________________________________

 

セッションの様子

 【セッションの様子】

 

午前の部の集合写真

 【午前の部の集合写真】

 

午後の部の集合写真

 【午後の部の集合写真】

 

Contactお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせください。
お問い合わせの内容によっては、産官学連携本部以外の学内部署・本学関係会社等から
ご回答させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。